栄養補助食品

エストロゲンを増やす・サプリメントで力をチャ~ジ

EPAを摂取しよう

薬

EPAは青魚に含まれている成分です。体内には必要不可欠な成分の一つですが、体内では生成できないという特徴があます。そのため、EPAを摂取るためには青魚を食べるかサプリメントから摂取することが一般的といわれています。青魚やサプリメントからEPAを摂取すると血液がサラサラになるといわれています。現代では食の多様化から、脂っこい物を食べることも多く、血液がドロドロになる人も少なくありません。ただ、EPAを摂取することでそれを抑えることができるのです。そのため、EPAはサプリメントを活用して摂取する人も多いのです。EPAには血管を柔軟にする効果があるといわれています。血管には酸素を送る役目があるため、柔軟な事で隅々に酸素を送ることができるのです。EPAは動脈硬化を抑えることも可能といわれています。動脈硬化はコレステロール値が高いことでおこるため、コレステロール値を下げたい人はEPAを活用するのも一つの方法です。

ただ、どれだけ健康にいい栄養素といっても過剰摂取をしてしまっては意味がありません。そのため、EPAの取得量を把握しておくことが大切です。EPAの取得量はDHAと合わせて1000ミリグラム以上とるといいといわれていますが、過剰摂取を行い、2000グラム近くになると副作用が起こることもあります。そのため、EPAをサプリメントで摂取する際は、その成分表示をよく確かめてからEPAを取得することが大切です。DHAと組み合わせた取ることで効果をさらに得られるかもしれません。